ぶらっとおでかけ奥会津in金山町

スポンサーリンク



ぶらっと金山町201609web_タイトル

ぶらっと金山町201609web_フェアリー

フェアリーテイルの舞台になりそうな金山町は
水と緑と美味しい物がいっぱいでファンタスティック♪
夕立が上がると水蒸気が立ち込め霧のよう。
晩夏の奥会津にドライブがてら、ぶらっとおでかけしてみよう♪

ぶらっと金山町201609web_map、スナップ

日常を忘れる美術館

ぶらっと金山町201609web_妖精美術館外観金山町の沼沢湖畔にある『妖精美術館』は、日本では珍しい妖精の美術館。“その昔、沼沢湖に棲む大蛇が会津の殿様に成敗された…”という伝承が残って、この大蛇も日本の妖精に類するそうです。森の中にあり花々に彩られたヨーロッパ風の館内に一歩足を踏み入れると、研究家・井村君江氏の収集した妖精に関する貴重な文献や幻想的な絵画や人形が展示されています。

ぶらっと金山町201609web_1Fぶらっと金山町201609web_1F展示ぶらっと金山町201609web_2Fぶらっと金山町201609web_人形ぶらっと金山町201609web_2F展示

ぶらっと金山町201609web_ステンドグラスやわらかな西日がステンドグラスから差し込む時間帯は更に幻想的。常設展示に加え企画展もある他、イラストレーター・天野喜孝氏の原画を基に作られたステンドグラスやブロンズ像も見る事ができます。あまり詳しくない方はもちろん、ファンタジー好きならより楽しめる美術館です。

ぶらっと金山町201609web_館長と

ぶらっと金山町201609web_フェアリーきのこ*取材協力/妖精美術館

ぶらっと金山町201609web_外観とマリーゴールド

大沼郡金山町大字大栗山字狐穴2765
Tel.0241-55-3180
開館時間/9:00~16:30(11/10まで)
休館日/毎週 水曜日
料金/大人300円 小中学生 200円
※開館時間など、現在と異なる場合がございます。どうぞご確認ください。

ぶらっと金山町201609web_フェアリー3

 

 

遠出してでも食べたい豆腐

ぶらっと金山町201609web_セット“青ばと豆”とは玉梨地区の方言で枝豆の事。厳選したこの豆と、奥会津百年水で作られる豆腐は、うっすらと緑がかっています。メディアでも度々紹介されており、首都圏方面から訪れるお客さんも多いそうです。ぶらっと金山町201609web_おからセット詳細ぶらっと金山町201609web_ソフト・どーなつ

『玉梨御膳』は生揚げ・寄せ豆腐・おからなど数種類の豆腐料理を味わえる自慢のコース。温かい寄せ豆腐を一口頬張ると、枝豆の甘~い香りがふわっと鼻に抜けます。とにかく水が美味しく、「良い豆と良い水だけで作られている」と実感‼移動販売でも人気の『おからドーナツ』は揚げたてで温かく、ふわふわした食感+優しい甘さでいくつでも食べられそう。出来たてを店内でいただくのが断然オススメ‼です。

ぶらっと金山町201609web_フェアリー リング取材協力/玉梨とうふ茶屋

ぶらっと金山町201609web_玉梨とうふ茶屋外観大沼郡金山町玉梨363
Tel.0241-54-2743
営業時間/8:00~17:00
定休日/無休

 

新型アクセラれぽ on ワインディングロード>

ぶらっと金山町201609web_れぽタイトル

ぶらっと金山町201609web_池

竜が出たと言い伝えられている湖畔でアウトドアもどうぞ

ぶらっと金山町201609web_フェアリー
男性的でカッコいいアクセラで奥会津旅へGO。ロングドライブの国道&田舎道をグングン走ります。急カーブの多い坂道でも吸いつくような安定感、乗りこなしやすいサイズ、窮屈さを感じないゆったり感♪後部座席でも助手席でも、クルマ酔いしない快適さをみんなで実感!街乗り&遠出に、シーンを選ばない『頼れる相棒』です♡ 行こうよ、ぶらっと旅へ!

ぶらっと金山町201609web_アクセライラスト

*車両協力/福島マツダ 郡山店

ぶらっと金山町201609web_どこいこう
郡山市図景1-8-21
TEL 024-932-5403

スポンサーリンク