安心して楽しく通えるフラメンコ教室♪【通常レッスンの様子】

スタイル郡山取材レポート2020.3

この日は通常レッスンの様子を見学しました!

動画はこちら↓

Y chiakiフラメンコ教室 カラコレス①

演目は『カラコレス』。カラコレスはスペイン語で“かたつむり“を意味し、バルでは定番のおつまみにもなるスペインの初夏の風物詩です。初夏の昼下がりに、カラコレスを買い求めにきたご婦人方が賑やかにおしゃべりに興じている様子を、アバニコ(扇子)を使って表現します。

Y chiakiフラメンコ教室 カラコレス②

フラメンコ専用のスタジオでは、リズムを刻むようにステップを踏む足音も心地よく身体に響きます。ひるがえるドレスの裾、カラフルな扇子、大きく大胆な動きで見応えがありました。ポーズの見せ方・立ち方など、踊りの解釈を踏まえながら、要所要所で吉田千秋先生の丁寧な指導が入ります。

Y chiakiフラメンコ教室 カラコレス③

生徒さんは年齢も様々で、生徒さん同士・先生との関係もフレンドリー。生徒さんに聞いてみたところ、先生は、おさらいをしてこなくても叱ったりせず、辛抱強く教えてくれるそうです。また、小さなお子様がいる生徒さんには、レッスンが続けられるように協力してくれたり、ブランクがある方や全くの初心者でも温かく迎えてくれるので、安心して楽しく通えそうなフラメンコ教室ですね♪