合気道は武道のなかでも受け身を基本としています。優劣を競うことなく稽古を積み重ねることで、自然と丈夫な身体としなやかな心を育んでいきます。心技体が磨かれ、礼儀作法も身につきます。小さなお子さまから大人、初心者も大歓迎です。現在は鳴神道場、イトーヨーカドーのヨークカルチャー教室で指導しています。

体の使い方や良い姿勢が身につき、日常生活にも活かせます。

合気道は力に頼らない武道なので女性やお子様にもおすすめです。

受け身の練習もしっかり行うので、日常でのケガを防ぐ練習になります。

こちらは杖術による護身術と応用についての稽古中。手前右側が吉田館長。

古流武田派合気道について

吉田和夫 館長が教える合気道は「武田流合気柔術」といい、会津藩に秘密裏に伝承されてきたものがもとになって完成したものと言われます。合気道は「力」だけではなく「呼吸力」というものを使って、相手にダメージを与え、倒します。練習では、その呼吸力を鍛え、技を磨く指導が中心となります。男女、体格、腕力を超えた武術です。道場名は「練心館」。文字どおり心を練る場所として自らの心と技を錬磨していきます。

練心館 吉田和夫館長の紹介