不登校やひきこもり、就労困難を解決する自立と就労を支援する宿泊型の学園のご案内

若者里山塾 開校!!参加者募集

農業体験

若者の生活プラン ~これから大人になるために~
豊かな感情と旺盛な好奇心、たくましい想像力と「折れない心」を育む『若者里山塾』を2017年9月に開講しました。

〔内容〕
・自然豊かな里山の「田舎暮らし」で様々な体験を通して、楽しさや喜び、悔しさを味わいながら自分と向き合い、自己肯定感を育みます。

・一緒に暮らす仲間とのふれ合いを通して人間関係のあり方を学びます。

・素朴な田舎料理や創作料理を通して食の大切さを学びます。
〔宿泊料金〕・5500円(一泊3食付き)

・若者里山塾への参加日数は自由にお決めください。
〔対象〕身のまわりの世話ができる若者。

・里山「田舎暮らし」に興味のある若者。

・現在、不登校やひきこもりをはじめ「心の悩み」を抱えている若者。

〔場所〕自然の家うつみね「遊学体験」パーク

本館

29年の実績!数多くの若者が学校、社会復帰を実現!!

【特 長】
26年の経験と支援実績が問題解決をサポート。学園長 矢吹孝志が長年のカウンセリング実績をもとに監修したストレスに打ち克ち、逆境を乗り越えどんな困難にもへこたれない「元気・しなやか・折れない心」を育む一貫したレジリエンス教育を実践。「折れない心」を育む、独自の生活プログラム(学科・実施)の実践により、早期解決を実現します。

【学園生活案内】

◇全寮制(寄宿制)・通所制・体験・入園制が選べます。
◇高校生・中退者は提携高校(通信制)の高校資格が取得できます。
◇車の運転免許 他各種免許・資格が取得できます。
◇他、山村留学制度有り。

【教育方針と活動内容】

【教育方針】

学生は16年しかありません。その後はイヤが応でも社会人をやらなければなりません。当学園の教育方針は、社会人として健やかに生きる為に不可欠な「ストレスに打ち克つ力、逆境を乗り越える精神力、さらに、どんな困難にもへこたれないタフな心、つまり「折れない心」を育む教育を中心に、精神的及び身体的健康、さらに社会的健康の確立を目指しています。

【活動内容】

・自己肯定感を養い、「折れない心」を育み、たとえどのような状況であれ、ありのまま受け入れ、行動できる「積極的行動精神」を養います。
・起床・飲食・睡眠の基本的生活時間を尊守し、社会生活に欠かせない常識、マナー、礼儀作法、身だしなみや、会話などソーシャルスキルを身につけます。特に、高校未就学者や中途退学者には、広域通信制高校のサポート校として、高卒資格の取得を支援している他、さまざまな学習支援を行います。
・コンビニをはじめ、提携就労事業所での就労や各種免許取得など、ソーシャルスキルアップと就労支援を行います。

【入園から自立までの経過】

【基本的生活の構築】・生活リズム・健康管理・対人関係のあり方

【自己再発見】   ・気づき・受容・自信回復・目標設定

【実践行動】    ・体験活動・免許・資格取得・アルバイト

【卒園】      ・学業再開・進学・就労・自立

【メッセージ】

不登校の解決は「学校復帰」か?ひきこもりや就労困難は「就労や社会復帰なのか?」当学園の支援目標は「気づき・受容・行動」を伴う「人間復帰」をすること。いわゆる「自立」とは「自分の力でねぐら」を確保し、自分の力で「飯を喰う」ことであると考えます。
そのためには「自己選択」「自己管理」「自己責任」「自己処理」の力が不可欠です。つまり、不登校やひきこもり就労困難な若者に限らず、悩みが解決できずに日常生活を停滞している人の「心の根っ子」にある「生きにくさ」を解決しなければ本当の解決に至りません。
「生きにくさ」の解決とは、ものごとやできごとに対する「見方、考え方、捉え方、受け止め方」という「解釈の仕方」の問題であり、根本的には「生き方」の問題であると考えます。
当学園の指導方針である「生き方を変える」ということ。そのことが不登校やひきこもり、就労困難をはじめ、私たち人間のさまざまな問題を解決する「基本」であると確信します。

【御相談・見学・入園について】

・うつみね健康学園では、見学や入園の相談を随時受付しております。
・見学や相談は事前予約が必要です。
・入園に際しましては、本人及び親御さんの事前面談が必要です。
・自宅訪問によるカウンセリングや学園説明を行っています。

お問合せご相談はこちらから

〒963-1244 福島県郡山市田村町栃本字水沢527
TEL 024-985-1005 FAX 024-985-1007

学園施設は健康・教育総合支援施設『自然の家うつみね』内にあります。
うつみね健康学園はNPO法人ヒュマンコミュニティサポートAiが運営しています。