ホップオン英会話&ワークショップ【スタイル郡山取材】

スタイル郡山取材2020.3

楽しみながら学ぶ、生きた英会話LESSON!

動画はこちら↓

教室の壁は鮮やかなブルーでペイントされ、明るい色合いのフローリングの上に置かれたキッズ用チェアや玩具はカラフルな色使いで、外国の幼稚園を思わせます。

ホップオン英会話&ワークショップ

本日の生徒さんは、ひなちゃんとなのかちゃん。
「What did you do yesterday?(昨日は何してたの?)」というヒロさんの問いかけに英語で答え、先週のおさらいをします。レッスンは日本語と英語を交えてヒロさんが出題し、ゲームのように楽しみながら答えていく感じです。

ホップオン英会話&ワークショップ

今日はまず、countable noun(数えられるもの)とuncountable noun(数えられないもの)について学びました。「Which one do you think you can count?(数えられるのはどっち?)」の問いと共に見せられるカードを見ながら、そのカードがどちらかを答えていきます。
timeとclockではclock、Loveとheartではheartと答えて正解を重ねていく二人。はがき大のカードには見やすいイラストが描かれているので、イメージもしやすそう。

後半では「単数形」と「複数形」の違いについて学びました。名詞によって「 s 」が付いたり付かなかったりとややこしいですが、馴染みのある単語でそれらを分かりやすく学びました。ネイティブでも言いにくい単語などは、何度も口にして発音にも気をつけます。
deer(鹿) 、fish(魚)、sheep(羊)などは何匹いても変わらないという例外も教わり、「one」、「some」などで判断すること、「many」は数えられる名詞に使い、「much」は数えられない名詞に使うこと…など文法的な事もきちんと教わります。

ホップオン英会話&ワークショップ

レッスンでは筆記用具は使わず、よく先生の話を聞いて答えます。間違っても大丈夫。ミスをした分、より正確に憶えられます。
また、英語圏でよく使われる言葉についても教わります。ゲームで先攻後攻を決めるときのじゃんけんでは、二人で「rock scissors paper(ロック・シザーズ・ペーパー)!」のかけ声で勝負し、カードを選ぶ際に「どっちにしようかな?」と迷うようなシーンでは、英語版の数え歌「Eeny, meeny, miny, moe!(どちらにしようかな)」を習いました。
foot(足)の複数形feetは長さの単位であるなど、英語圏の文化や暮らしについても広く知る事ができます。

レッスンが終わったら自分の使ったチェアを元の場所に戻して終了。保護者がお迎えにくるまで遊び相手になってくれたのは、マスコット犬の”Pepper”ちゃん。生徒さんや保護者の方達にも大人気の愛くるしいワンちゃんです。

生徒さんの多くはお子様ですが、高校1年の生徒さんも通っており、この冬、(高校2年修了程度と言われる)英検準二級に見事合格しています!
知り合いのお家にお邪魔しているような、形式ばらないアットホームなスクールです。

ホップオン英会話&ワークショップ202004