九州方面では口コミで評判の最先端機器。東北ではまだ認知度が低い機器です。ヘッドホンを付けてソファに座るだけで、何の刺激もなく細胞チェックができます。

G-SCANアップ

G-SCANはロシアで開発された宇宙飛行士用の健康プログラム。体をチェックする項目は1000項目あり、ヘッドホンを使って周波数チェックと周波数調整を行います。

Gスキャン体験シーン

ガンや心筋梗塞、脳溢血などの生活習慣病による病死が死因全体の63%を超え、糖尿病、高血圧、痴呆症などの疾病も含め、高齢化とともに急増しています。G-SCANは、潜んでいるリスク要因を見つけだし、未病の段階で本来の自己回復力・恒常性をサポートします。膨大なデータから分析して検索を行い、身体のアンバランスな状態をチェックし、さまざまな可能性を類推して健康に関する有益な情報を次々に導き出していきます。

Gスキャン-カラー画像

G-SCANは身体の自己回復をサポートするため、ロシア人科学者が非常に独創的な理論とテクノロジーによって開発されました。アーユルヴェーダ や中国文化の医療科学などの考えが広く取り入れられており、高度なテクノロジーと伝承医学の融合による心身のバランスをチェックする健康機器です。着衣のままヘッドフォンをするだけで、健康チェックや測定結果を得ることが出来ます。

私たちの臓器や骨など体の各器官は、それぞれ固有の共鳴する周波数があり、弱い電流を放っています。これは細胞の働き(互いの情報伝達)に関係しており、健康な細胞は細胞同士がそれぞれお互いに連携しながら情報を伝達しあうことで健康は保たれています。病気の初期段階では、この細胞同士の情報伝達がうまくいかなくなった状態だといえます。G-SCANでは超低周波音(1Hz~9Hz)で総合的にチェックします。そして未病の段階で問題点を発見、認識することができます。

リスク要因を本人がモニターで確認できるので分かりやすく、健康管理、生活習慣改善のきっかけになります。免疫力の向上や自然治癒力を高める対策をするためには、これ以上ない良い機会を作ってくれます。自分の身体を知ることこそ、いつまでも健康であるために最も必要なことです。

Gスキャン

G-SCANは、あくまで自分の体の状態をチェックすることが主な役割ですので、別メニューのAWGとの組み合わせをおすすめします。

ネットで紹介されているヘッドホン型波動測定器の動画はこちら↓