口コミでガン患者の方に代替治療として注目されている世界最新の量子・物理療法「段階的マイナスイオン波動投射器AWG」

パットを貼って横になるだけ。心地よい電流が流れます。関西方面で利用者がどんどん増えている最先端機器です。操作は専門スタッフが行います。

AWG体験中

注射をしない
投薬をしない
手術もしない

難病、慢性重篤な疾病、各種感染症などの完治を目的に、38年の歳月をかけて完成された原因直接療法。耐性菌を作らせない、患者に全く痛みを与えない、副作用のない治療方法です。東日本ではまだ少ないですが、西日本では自費治療として取り入れている病院が増えています。

AWG療法って?

AWGは、Arbitrary Waveform Generator(段階的波動電子発生装置)の略。機器から出ている2枚のパッドを通して身体にAWG電子を送り込みます。電子は「波」であり、「粒子」です。AWGは1~10,000Hzの間の身体に無害な69種類の周波数の中から、症状によりいくつかの周波数を選択して放射します。
具体的には、低い周波数から順番に3分ずつ放射するようにプログラムされています。そして、それによって症状の原因である様々な微生物を消滅して、症状を緩和すると考えられています。

AWG療法の起源は?

AWG療法は、1971年より米国及び日本の分子生物学者、医師、獣医師、 細菌学者の4名がチームを結成し、今日まで数十年掛けて開発完成させた医療機器です。

現在、米国・ロシア・中国・EUの世界4大大国をはじめ世界 12ヶ国で特許を取得し、138ヶ国に特許申請済みです。

日本の厚生労働省においても医療機器として認可を取得してあります。現在世界各国で病院や医師が臨床試験を行っており、約50数名のAWG賛同医師達がAWG学術研究会を結成し、各種追試を行っています。

このAWG治療器の有効治癒率は94%以上という医師の報告があります。薬を投薬しない、注射もしない、手術もしない、患者に痛みを与えない完全無痛療法です。
癌・HIV・肝炎・重症筋無力症など重篤な疾病をはじめ327種類の疾病に有効とされ、高い評価を受けています。

AWG療法がやっていることは?

「病は気から」という言葉があります。

人の感情や想念が作りだすネガティブ・エネルギーが体のある場所に小石のように留まっていきます。ネガティブ・エネルギーの小石が留まると、そのネガティブ・エネルギーに共鳴する細菌が引き寄せられ、集まって細菌コロニーができます。細菌コロニーはネガティブエネルギーの小石を餌にして、強力な 病原菌に育って体に悪影響を与えていきます。

AWGは、この病原菌を目がけて、病原菌に共鳴する波動を放射し、病原菌を消滅させます。 当然ネガティブ・エネルギーの小石も砕けます。(そのせいか、AWG療法を受けた後は不思議に気持ちが軽くなります。) 原因となっていた細菌コロニーは、コロニーという塊状ではなくなり、微細な単体となった細菌は体への悪影響を与える力を失います。
塊でなくなった細菌は体のポジティブな影響力を持つ細胞(白血球等)に打ち勝つ事はできません。本来、生体にとって正常な活動をしないものは体の外へ排出されていくというメカニズムがあり、不活性化となり小さくなった細菌は、リンパや汗、血液から体の外へと排出されて行きます。

すべての物質と同様に、細菌やウイルスもそれ独自の振動数で振動しています。そして、その細菌やウイルスと共振する周波数の波動を放射して、細菌やウイルスをさらに振動させます。細菌やウィルスがその構造的な形を 維持するのに耐えきれなくなるまで放射レベルをさらに上げてやると、細菌やウイルスの形は歪み、崩壊してしまうのです。

AWGは、1~10000Hzの範囲で、69個の人体に無害な周波数を用い、327通りもの症状に対応しています。 通常1つの症状でも共鳴する周波数は複数存在します。その場合、低い周波数から順番に放射していきますが、1つの周波数を3分放射したら15秒休み、次の周波数をまた3分放射し、15秒休む、を繰り返すようにプログラムされています。従って、それぞれの症状に共鳴する周波数の数によって施術時間が長くなったり短くなったりします。(症状により、最短3分、最長123分)

AWGには測定機能はありませんので自覚症状をコード表から探して、該当するコード番号を AWGにセットして、スイッチを入れるとあとは自動的にAWGが電子の放射をコントロールしてくれます。

AWG療法のルーツは?

WHO(世界保険機構)は「21世紀はウィルスと人類の戦いになる」と言っていましたが、すでに今から80年も前に、ウィルスとの戦いに勝利宣言をした医師がいた事をご存知ですか?

その名は、アメリカ人のロイヤル・レイモンド・ライフ博士(1888~1971)。

AWGのルーツをたどっていくと、上記のロイヤル・レイモンド・ライフ博士に行きあたりました。人々を苦しめる、あらゆる種類の病気を治療する方法を、約 80 年も前に見つけた人物です。

ライフ博士について詳しく知りたい方は下記をクリック
<Thinker:誰も知らない偉人伝>
http://www.thinker-japan.com/life.html

AWG療法開発のきっかけは?

AWGの誕生には、ロイヤル・レイモンド・ライフ博士の功績が大いに参考にされましたが、AWGの開発陣では、病気の原因の更なる探求を行うと同時に、現代の量子論に基ずく治療法などの研究を深めながら25年の歳月をかけてAWGを完成させ、その研究は現在も継続して進められています。

松浦優之博士の開発した「AWG」電子波動照射機について

 詳しくはこちらをご覧ください。

当サロンでAWGを体験されたお客様の声

・PETで異常が見られなかった
・むくみ、便秘に即効性があった
・腰痛、肩こりが解消された
・続けているうちに、アトピーの程度が軽くなった

 

ネットで紹介されているAWGについての動画はこちら↓